●2012.03.18 Sunday

出張報告:天領太鼓とやさしいパンとオオヤコーヒーの3本立て

久しぶりの出張報告です。豪華?3本立てです。
震災から1年、3月11日は倉敷では日本縦断和太鼓コンサートがありました。倉敷天領太鼓の代表が自分たちができることはただ太鼓を打つことだけとおっしゃっていましたが、どんなに過酷なできごとに遭った人々にも生きる力を奮い立たせる太鼓の音色の力は偉大です。東北で被害に遭った太鼓は石川の浅野太鼓でも修復されているんですね。自分にできることは何だろうとあらためて考える日でもありました。
浅野太鼓

大阪の友人つき山いくよさんとパートナーの青木くんの店「アップルの発音」から倉敷出張部に天然酵母パンが送られてきました。国産小麦と天然酵母(正確には酵母の種類はちがうんですが)までは大丸堂と同じですが、パンのネーミングがとにかくユニークです。例えば、「IN/SECTSの発音」、「夜よ、開け」とか、ここから物語が始まりそうな気配のする名前がついています。しかもふんわりと柔らかく優しいパンたちです。作り手によってこんなに違うんですね。つきちゃんは知る人ぞ知るアーティストさん、かわいいカードも添えられています。不器用で素っ気ないおっさん系の大丸堂出張部も感心したりうっとりしたり。



春めいてきた倉敷に「林源十郎商店」という複合施設が出来ました。これまで倉敷に無いことが不思議だった「倉敷意匠」の直営店が入っているのも嬉しいのですが、さらに嬉しいのは、その一角にオオヤコーヒーが飲めるCafe Gewaがオープンしたことです。プレオープンには京都からオオヤさんやスタッフもかけつけていて、早速おいしいコーヒーをいただきました。立食ですが、朝ごはんも食べられるそうなので、本町の「御坂の家」に泊まる人たちにもおすすめできそうです。3月、4月は蟲文庫さんでオオヤさんのコーヒー教室も開かれていますよ。(写真はCafe Gewa裏手からのながめ)





●2011.03.27 Sunday

出張報告:犬島

用事があってベネッセの犬島アートプロジェクト「精錬所」へ。この島が岡山市唯一の有人島であることは意外と知られていないかもしれません。宝伝港という小さな港で船を待ちながらお弁当を食べ、元気で人なつっこい子供たちに盛大に見送られて船に乗り込むもたった8分で到着しました。役目を終えた精錬所と採石場跡と日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典の作品が共存する空間、瀬戸内の静かな島々。明日も変わらずこののどかな風景があるとは限らないことを思い知らされたこの数週間、誰も口にはしなかったけれど、さまざまな思いを胸に島をあとにしました。宝伝港に近づくと、あれから2時間もたっていたのに、またまた子供たち(メンバーが増えていた)の熱烈な出迎えが。プチVIP気分のショートトリップでした。

 

犬島アートプロジェクト「精錬所」
http://www.benesse-artsite.jp/inujima/
岡山県の離島
http://www.pref.okayama.jp/kikaku/chishin/ritou/08inujima/index.html

●2011.02.12 Saturday

出張報告:発酵食品つながり2

時々ふらっと出かけていく美観地区のはずれにある古本屋の蟲文庫さんは本好きには有名なお店なのでご存知の方も多いかも。本探しも楽しいのですが、新鮮なお魚はどこで?歯医者さんはどこがおすすめ?といった、他県からの移民には切実な暮らしのあれこれをコソっと教えてもらうこともあります。こちらの店先で見つけたカラフルな鼻笛(これも本とは関係ない)は金沢の音好きな友人知人への倉敷みやげ?となり、当店の店主も車に常備して時おり吹き鳴らしているはずです。

そんな蟲文庫さんが能登の魚醤「いしり」をお刺身醤油として使われていることを知り嬉しくなりました。昔からずっと「いしる」と呼ぶと思っていたのですが、「いしり」ともいうんですね。もちろん出張部にも常備しております。下の「いしり」を紹介するムービーでは日本酒の仕込みの時と同じく発酵ぷくぷくが見られます。 大豆の産地岡山にも美味しい醤油がたくさんありそうなのでまた報告しますね。

蟲文庫さん近景

蟲文庫
能登の魚醤油(うおしょうゆ)「いしり物語」公式サイト



●2011.01.16 Sunday

出張報告:倉敷の朝市を歩く

北陸地方の大雪は大丈夫ですか?朝から厳しい寒さですが、さすが晴れの国おかやまは晴れわたっております。さて、今日は毎月恒例のくらしき朝市三斎市です。毎月第3日曜日、倉敷駅近くのアーケードに岡山県内各地から新鮮な野菜や果物、豆類、味噌や醤油、お菓子などが集まります。なんか金澤表参道のよこっちょのイベントが思い出されて遠くを見る部員。天然酵母のパン屋さんは、山間部の雪のためか今日はお休みでしたが、おいしそうな豆乳入りのパウンドケーキやいつものシフォンケーキを購入。ワンコイングルメ(100円。安っ)の芋こ汁で暖まりました。朝市はやっぱり楽しい!やる方は大変でしょうがずっと続きますように。

わんこも朝市散歩中

くらしき朝市三斎市

●2011.01.11 Tuesday

出張報告:発酵食品つながり

酒好きには知られているのかもしれませんが? 実は岡山県は有数の酒どころで、海外でも知られている酒米「雄町(おまち)」が生まれた地でもあります。酒蔵も大小あわせて沢山ありますが、今回は高梁市成羽にある白菊酒造さんの酒蔵を訪問しました。ちょうど大吟醸の寒仕込みの時期ということで、酒米を蒸しているところや、杜氏が酒母を仕込んでいるところなども見られてラッキーでした。酵母が働いてぷくぷくしている様子はパンも一緒ですね。なんだかワクワクします。笛の音を聞かせているタンクもありました。どんなお酒が生まれてくるんでしょうね?

蒸し上がった酒米


慎重に酒母を仕込む杜氏

白菊酒造

●2011.01.08 Saturday

お正月の最後に

金沢から届いていたシュトレンでお茶。けっこう日持ちしますね。
昨年暮れは秋に出張部が伺った夙川のアミーンズオーブンさんからもとってもおいしいシュトレンをいただきました。ごちそうさまでした。西宮市立大谷美術館へ行く時の楽しみが増えました。



●2011.01.04 Tuesday

出張報告:岡山で石川に出会う

とにかくこの初打を聞かないと新しい年が始まりません。アイビースクエアで浅野太鼓(石川)の大太鼓を打つ倉敷天領太鼓の皆さん。太鼓でふるさと不足を解消する出張部。それにしてもこんなに間近で、毎年すばらしい演奏が聞ける倉敷市民は幸せ過ぎます。派手に宣伝もしないところがいかにも倉敷らしいというか、知らずに聞き逃している観光客も多そう。3月には能登の御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)との競演もあるそうで楽しみです。ところで和太鼓と天然酵母パン、音と味で何の関係もなさそうですが、どちらも地道な職人仕事から生まれてくるものですね。これで出張報告になりますかね。


倉敷天領太鼓公式HP
御陣乗太鼓
太鼓の里 浅野太鼓



●2011.01.01 Saturday

寺町大丸堂 倉敷出張部から

新年明けましておめでとうございます。寺町大丸堂には倉敷に長期出張部員がいるようなので、時々(たまに)出張報告が届きます。といってもパン以外の話の方が多そうなので閲覧注意です。

倉敷で笑う門その1


倉敷で笑う門その2




| 1/1PAGES |

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

links